分譲マンションの賢い選び方!!駐車場やセキュリティをチェックしよう

きちんとチェックして賢い選択をしよう

マンションを選ぶときには共用施設のチェックもしっかりとおこなっておきたいものです。地方のマンションであれば駐車場は100パーセント以上必要とされることが多いですが、都心や郊外でも駅から近いマンションとなると100パーセントの設置は将来的に不安視されるようになっています。将来、駐車場の空きが目立つ状況になれば、維持費がかさんで管理費や修繕積立金からの持ち出しが増えますから、設置率30パーセントくらいを選ぶのが賢い選択でしょう。

セキュリティへの配慮がグレードをあげる

他の共用部分では、マンションに中庭を設けるというのもすっかりトレンドとなりましたが、単純に庭をつくって憩いの場所とするということではなく、居住者と部外者を隔てるセキュリティラインを設けて、中に不審者が入ってこない方式をとるほうがよりグレードの高いマンションという評価になるでしょう。セキュリティの重要性というのは年々、関心が高まってきているところで、機械管理よりも夜間や休日も必ず誰かが常駐する24時間有人管理が望ましいといえます。保安目的の監視体制に加えて、生活サポートなどのコンシェルジュがいれば評価はより高くなるでしょう。

並クラスでもセキュリティは高グレードなことも

しかし、有人サービスを増やせば、当然、その分費用がかさみますから、大規模な分譲マンションでないと採用は難しいですよね。それでも、近年では物騒な事件も増えていますから、グレード的には上や並クラスのマンションであっても、管理面だけはしっかりと強化しているのですよ。セキュリティをグレードに対してワンランク上のものを導入するケースが増えてきていますから、購入検討の際には、しっかりと見極めていくことが大切でしょう。

つくばのマンションでは、鉄道による都心へのアクセスにも優れており、通勤や通学をはじめとした様々なシーンにおいて大変便利です。