一人暮らしの賃貸物件を借りるときに気をつける3つのこと

コンセントの数を見ておこう

一人暮らしを始めるときに必ずと言っていいほど物件を下見はすることでしょう。周囲の環境や部屋の広さや設備など色々見るべきことはありますが、意外と気づかない点として部屋にあるコンセントの数があります。色々な電気機器を使うことを考えると少なくとも2ヶ所、4つほどコンセントの数は必要となります。そうしないとタコ足配線にせざるを得なくなるので、危険ですし見栄えも良くありません。満足な数のコンセント穴があるかは見ておきましょう。

ガスの種類も要チェック

またガスの種類も要チェックです。これによって賃料とは別にガス代がおおきく異なってきます。具体的に言うと都市ガスならば、一人ぐらいで平均2000から3000円程度です。しかし種類がプロパンガスを使っていた場合は下手をすれば1万円近くになってしまうほど料金の差があります。ガスの種類を大家に変えてもらうことは不可能ではありませんが、なかなか難しいものです。見かけの賃料が安くても、プロパンガスではかなり料金が上乗せされるに等しいので注意しましょう。

住人の質もよく見ておこう

集合住宅に住む場合は、他の部屋に住んでいる人のことも気にかけておきましょう。お世話になることもあるかもしれませんし、迷惑をかけられる場合もあります。そのような時見ておくべきは共同設備です。郵便受けやゴミ捨て場などの共同設備がルールを守って使われていたり、綺麗なら住人の質も良いでしょう。しかし郵便受けが散乱していたり、ゴミ捨て場に無秩序に捨てられているようだと、質に関しては注意したほうが良いでしょう。人間性が出る部分です。

江別市の賃貸では、契約する際に敷金・礼金がかからないところがあるので把握すると良いです。駐車場完備しているところがあります。